About

「人工知能と社会」をテーマにした国際シンポジウム

人工知能の現在と将来の最新トレンドを掴む!

~ グローバルなAIコミュニティの構築と企業と研究機関の橋渡しに貢献したい ~

 我々は人工知能(AI)が社会にもたらす変化について、様々な想像をはりめぐらせます。人工知能が我々の生活を豊かにしてくれることを思い描く人もいれば、暴走する可能性に恐怖を感じる人もいます。そんな世界がやってくること自体に懐疑的な人もいるでしょう。さまざまな視点がありますが、人工知能の発展が我々に大きな影響を及ぼすことは、想像に難くないでしょう。
 このシンポジウムでは、国内外の産業界とアカデミアから人工知能分野のオピニオンリーダーを招いて、人工知能の最先端技術とそれがもたらす社会的インパクトについて議論します。このシンポジウムがきっかけとなり、人工知能についての理解が深まること、日本の人工知能コミュニティがより積極的に世界と接点を持つこと、また企業と研究機関の交流が深まり人工知能が社会に貢献する潮流を生み出すことを期待しています。

 

日時:2017年10月10日(火)、11日(水)
会場:虎ノ門ヒルズ 5Fメインホール
※講演はすべて同時通訳が入ります。

このような方に特におすすめです。

主なゲストスピーカー紹介

Oren Etzioni

Chief Executive Officer, Allen Institute for Artificial Intelligence / USA

原山 優子

総合科学技術・イノベーション会議常勤議員 / 日本

北野 宏明

ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長 / 日本

Hod Lipson

Director of Creative Machines Lab, Columbia University / USA

Huw Price

Bertrand Russell Professor of Philosophy, University of Cambridge / Academic Director, Leverhulme Centre for the Future of Intelligence / UK

Marek Rosa

CEO, CTO & Founder, GoodAI / Czech Republic

Francesca Rossi

Distinguished Research Scientist, IBM T.J. Watson Research Center / Professor of computer science, University of Padova / USA/Italy

榊原 彰

日本マイクロソフト株式会社 執行役員 最高技術責任者(CTO) / 日本

Jaan Tallinn

Founding engineer, Skype and Kazaa
Co-founder, Cambridge Centre for the Study of Existential Risk and Future of Life Institute / Estonia

スポンサー

本田技術研究所

ホンダ・リサーチ・インスティテュート・ジャパン

SECOM

富士紡ホールディングス

Facebook

 

参加お申し込みはこちらから。

*このシンポジウムはイベント主催者の非営利活動の一環で、スポンサーシップと参加費から得た資金はすべて本イベント開催の必要費用に充てさせて頂いております。