原山 優子

総合科学技術・イノベーション会議常勤議員
日本

1996年にジュネーブ大学教育学博士課程修了、教育学博士取得。1997年には同大学経済学博士課程修了、経済学博士取得。1998年からジュネーブ大学経済学部助教授、2001年から経済産業研究所研究員を経て、2002年より東北大学大学院工学研究科教授に就任、科学技術イノベーション政策、産学連携、大学改革などに関する教育・研究に従事。2006年~2008年に総合科学技術会議非常勤議員、2009年~2010年に科学技術振興機構特任フェロー、2010年~2012年は経済協力開発機構(OECD)の科学技術産業局次長を務め、2013年に総合科学技術・イノベーション会議常勤議員に就任。東北大学名誉教授。